おすすめの脱毛とは?

女性の多くが必ずと言っていいほど一度は考える脱毛。自分でカミソリを使って行うのは大変だし頻繁にしなくちゃいけないのは面倒くさいし…でも脱毛サロンやクリニックへ行くのは抵抗がある。そもそも高いの?安いの?どんな場所でできるの?そんな方のために、どのような脱毛の方法があるのかとそのメリットデメリットをご紹介します。
〈脱毛の種類について〉
脱毛には大きく分けて2つの種類があります。
ひとつは「レーザー脱毛(永久脱毛)」でもうひとつは「光脱毛(フラッシュ脱毛)」です。
「レーザー脱毛」とは、お医者さんのいる病院やクリニックで行うもので、強い光であるレーザーを肌に集中的に当てて行う脱毛になります。一方「光脱毛」とはサロンなどでお医者さん以外のエステティシャンなどが行えるもので、メラニン色素である黒色に反応する光を肌に当てて行う脱毛になります。
〈それぞれの脱毛のメリット・デメリットとは?〉
では、それぞれの脱毛の特徴とメリットデメリットとはどのようなものなのでしょうか。
まず医療機関で行う「レーザー脱毛」ですが、やはり最大のメリットはその効果でしょう。強い光であるレーザーを当てるので、しっかりと効果が現れることが多く、永久脱毛を実現することができます。また、通う回数も5〜8回なので1年ほどで終了することができます。しかし、レーザー脱毛は強い光を集中的に当てるので痛みが出ることが多く、また、値段も少し高いのがデメリットです。
それに比べ「光脱毛」はレーザーのような強い光を集中的に当てることはないので痛みを感じにくく、また値段もレーザー脱毛の半額ほどですみます。そしてシミやシワ、ニキビなどの改善も期待できるなど美容効果もあります。また、医療機関ではなくエステサロンで行うことができるので行きやすいと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、その効果はレーザー脱毛にくらべて弱く、 通う回数も2,3か月おきに12回ほどと終了するまでに2〜3年ほどかかることがデメリットです。
〈まとめ〉
このように脱毛には大きく分けて2種類の方法とそれぞれのメリットデメリットがあります。値段や期間、求める効果などに合わせて選んでみてはいかがでしょうか。自分で行っていて悩んでいる方、病院やサロンでの脱毛に興味があるけれどなかなか踏み出せない方はぜひ試していただきたいと思います。

光脱毛器を効果的に利用すればツルツルお肌が手に入る

全身脱毛を行うためには、脱毛クリニックへ通う方法が最も効果的ですが、痛みに弱ければ脱毛サロンへ通う方法があります。
一方、脱毛クリニックや脱毛サロンへ通うことが恥ずかしいと考えている人にとって、家庭用光脱毛器の存在は助かるでしょう。
しかし、正しい知識を持った上で活用しなければ、最終的に脱毛クリニックのお世話になりかねません。

☆家庭用光脱毛器は視認出来る範囲内のみ使用する
脱毛クリニックや脱毛サロンで使用している光脱毛器とは異なり、家庭用光脱毛器は安全性重視の設計が行われているのでレーザー光出力が極めて弱いです。
取扱説明書の通りに使用すれば減毛効果を期待できるものの、脱毛サロンよりも更に出力を抑えている分だけ効果を実感出来るまでに時間が掛かります。
脱毛クリニックは痛みが強いから無理と考えているならば、最初に家庭用光脱毛器を使った時のチクチクした感覚から始めてみると良いでしょう。
ある程度慣れてきてから脱毛サロンへとステップアップすれば、納得行くまで脱毛にチャレンジ出来ます。

☆脱毛サロンでは複数の光脱毛器を用意しているサロンを選ぶ
脱毛サロンならばどこでも同じと考えがちですが、実際には光脱毛器により最大出力は決まっているものの効果の表れ方は異なります。
施術体験を行った際に、光脱毛器使用時にジェルを用いるかどうかという点も違いの1つです。
最新の光脱毛器は、冷却しながらレーザーショットを打つことになるので、施術後に別途冷却しなくても良いわけです。
皮膚の色合いや状態により冷却ジェル無しで利用できる光脱毛器については、適性に合った場合のみ使用できます。

☆光脱毛器と脱毛クリニックが目指すゴールは同じ
脱毛クリニックへ通えば、5回程度の施術で永久脱毛という効果を得られる可能性が高いので、多少の痛みは仕方ないと考えられます。
しかし、痛みに強い人ばかりではなく、体質により痛みの感じ方には違いがあるので近年では医師により局所麻酔を使用して脱毛を行う場合があります。
気になる部分だけ定期的にメンテナンスする程度ならば、家庭用光脱毛器を使っても対処可能です。
脱毛を行う時には、目標を決めてどのようなアプローチ方法を行うのかじっくり考えてから脱毛方法を決めると良いです。